こんにゃく芋の芽が出てこない

    • Day:2014.06.15 11:12
    • Cat:
    昨年、根球分けをしなかったからだろうか?これからなのか、なんとなくおとなしい。午前中田んぼのあぜ草刈りと雑木の片づけをした。午後から友人が梅ちぎりに来るのでそれまで絵を描こう。
    スポンサーサイト

    藍の生葉染め

    • Day:2012.07.25 01:04
    • Cat:
    藍は立派に育っています。昨日今日と生葉染めに挑戦しました。水700cc 葉100gをミキサーにかけ青汁みたいにします。それを布で漉して染め液をつくるのですがここまでの作業を5分で終えるのが大事だそうです。
    染め液につけ15分混ぜるのですが素手でやっていたら布よりよっぽど染まり驚くやらおもしろいやらでした。手より爪のほうが色が落ちないので早速木蝋ろうそくを浸してみたのですがまだうまく効果でませんでした。しかしまだたくさん藍は生育中なので試してみます。

    藍のたね

    • Day:2012.04.02 20:13
    • Cat:
    昨日植えましたよ。

    しろうと藍

    • Day:2011.12.09 10:20
    • Cat:
    絵を描くものにとって、絵の具への思いは多面的だと思いますが、

    2010年の久留米大学の文化財保存科学研究会で桑野剛一先生の話は

    目からうろこというか驚きました。

    藍染というのは藍という菌が冬眠状態で繊維にくついている状態

    だというのです。

    藍と真摯に向き合っておられる方の中で、興味本位では失礼だと思いつつも

    お店で買う藍染パックでは物足りない。

    そんなことが来民文庫の孝子さんと一致して「素人ながらいろいろ情報交換

    しましょう」ということになり藍の種をたくさん頂いた。

    11 12 08 024

    さて、本家の休耕田使ってもいいとのこと。

    11 12 08 001


    藍の種まきは霜が下りなくなったころ、3月。

    まず耕しと、ふっとミブルイしましたよ。(笑い)

    11 11 26 015
    孝子さんの畑の藍の芽たちです。


     

    来民文庫訪問させていただきました。

    • Day:2011.12.02 11:57
    • Cat:
    熊本の工芸館での展示、八女の横町交流館での展示とお話を聞いていて、
    来民文庫行きたいなあと何度かご連絡していたのですが日程がうまく合わず、
    今回は古民家を研究してある方たちの訪問日に便乗させてもらいました。

    s-11 11 26 013
    もののこと、

    集めること、

    保存すること

    個人でやってあること

    ひるがえって、

    集まっていくこと、

    ものとの付き合い方

    素敵でした。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。