FC2ブログ

    樫の木

    隈本さんのコマはよく廻る。手に持った感じが芯が取れている重さというか、
    いい存在感なのだ。
    良い仕事だなと思う、職人技は先回しにして、材料のことを聞くと唐津の方
    から代々取り寄せてあるとのこと。
    11月に、名護屋城博物館を訪れたとき、あらかた場所を聞いてこんな雑木林
    から樫の木は切り出されるのだろうかと車窓からシャッターを押した。
    s-11 11 08 006



    12月に武寧王のシンポジウムがあり、また同館を訪れた。シンポジウムの後、
    寒さと早い夕暮れに、帰宅の3時間運転を思いながら、城址の広大さを横目に
    みながら歩いていると、靴裏に覚えがあった。

    s-11 12 10 010


    ばらばらと、どんぐりが落ちていたのだ。



    s-11 12 10 006


    どんぐりは樫の木、見上げると、
    海風におとをたてる樫の木がいっぱいだった。

    s-11 12 10 007
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。