FC2ブログ

    しろうと藍

    • Day:2011.12.09 10:20
    • Cat:
    絵を描くものにとって、絵の具への思いは多面的だと思いますが、

    2010年の久留米大学の文化財保存科学研究会で桑野剛一先生の話は

    目からうろこというか驚きました。

    藍染というのは藍という菌が冬眠状態で繊維にくついている状態

    だというのです。

    藍と真摯に向き合っておられる方の中で、興味本位では失礼だと思いつつも

    お店で買う藍染パックでは物足りない。

    そんなことが来民文庫の孝子さんと一致して「素人ながらいろいろ情報交換

    しましょう」ということになり藍の種をたくさん頂いた。

    11 12 08 024

    さて、本家の休耕田使ってもいいとのこと。

    11 12 08 001


    藍の種まきは霜が下りなくなったころ、3月。

    まず耕しと、ふっとミブルイしましたよ。(笑い)

    11 11 26 015
    孝子さんの畑の藍の芽たちです。


     

    Comment

    Comment Form
    公開設定

    Trackback


    → この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。